こんにちは、schallです




最近暑くて大変ですね




毎年この時期は何かと暑い日が続きますよね(^^;




そんな暑い中、新宿の小田急百貨店10階にあるSTORY STORYというお店に行ってきました!




こちらの階層では、本と文具、雑貨などが売っているほか、カフェも併設されています




そしてなんと、こちらのカフェでは、購入前の本を持ち込むことができます!




さらには、店内には電子書籍の端末が置いてあり、読書好きな方にはもってこいなお店となっています





今回、私はカフェの看板メニューである「アリアケのハヤシライス」を注文しました




読書好きな方はピンと来たのではないでしょうか?




そう、東野圭吾の「流星の絆」にでてくる洋食店「アリアケ」のハヤシライスが再現されているのです!



流星の絆 (講談社文庫) [ 東野圭吾 ]

価格:939円
(2017/5/21 13:21時点)
感想(277件)






数年前にドラマ化もされ、話題を呼んだ作品ですね




もちろん私も原作を読んだことがあるので、あのハヤシライスが食べられると思うと嬉しかったです




それがこちら↓
20170520_192853





美味しい!




甘くなるまで炒めた玉ねぎと、とろけるような牛肉が入っており、ソースもワインが効いているように感じました!




原作に出てくる謎、“あの隠し味”は入っているのでしょうか…?






このハヤシライス、お値段は850円とカフェにありがちな値段設定です




さらに、コーヒーやカフェオレなどはドリンクセットとして300円で注文できました




スイーツ等も置いてあったので、気軽に立ち寄れそうです




詳しいメニュー等はホームページよりご確認ください




また、アリアケのハヤシライス以外にも様々な本とコラボしているようなのでチェックしてみてはいかがでしょうか?







また、カフェの外観ですが、席がテーブル・カウンター合わせて71席あるそうです




私が行った時間は土曜の7時過ぎでしたが、待つこともなく席を確保できました




また、カウンター席に電子書籍が置いてあり、窓際のカウンター席は夜景がきれいに見えました!




小田急百貨店の10階なので、窓からの眺めがとてもよかったです




購入前の本が持ち込めるということで、一人で本を読みながらお茶してる方や、店内の電子書籍を使っている方もいました




さらにはWi-Fiも完備されており、雰囲気もいいので居座ること間違いなし!




あなたも、新宿に来た際には一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか?






実は私は本を読むのが好きです(最近忙しくて読めていませんが・・・)




東野圭吾も何冊か読みましたし、宮部みゆきなどのミステリーを中学~高校の時によく読みました




宮部みゆきの中でおすすめなのが、「模倣犯」です




あらすじを紹介したいところですが、記事1つ分くらい書くことになりそうなので省略します




文庫本で全5巻あるので、よかったら読んでみてください

【中古】文庫 模倣犯 全5巻セット / 宮部みゆき

価格:880円
(2017/5/21 13:50時点)
感想(0件)






また、ミステリー以外にも文学が好きです




特に好きなのは、太宰治ですね




高校時代に「人間失格」を読んで自信喪失した過去があります(^^;




しかし、太宰は暗い作品だけではなく、「走れメロス」のような作品も多く書いています




文学の中でも割と読みやすいと思うので、青空文庫で検索してみるのもいいかもですね




斜陽/人間失格/桜桃/走れメロス (文春文庫) [ 太宰治 ]

価格:712円
(2017/5/21 13:55時点)
感想(38件)







ではさようなら

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村